文字サイズ
学科専攻NEWS

新着情報

【作業療法学専攻】授業風景(作業分析学演習)

作業療法学専攻
3年生の必修科目臨床実習Ⅱは9月28日に開始されるため,3年後期開講する作業分析学演習が前倒しに9月7日から18日にかけて集中的に行いました.
学生たちは施設入所中の大腿骨頸部骨折術後の模擬症例にどの作業を提供するかをテーマにグループで考えました.ボールゲームで楽しんでもらいながら,下肢の運動機能の回復を図るグループもいれば,帰宅後の生活を想定して,機能の維持向上を目指す料理訓練や体操,指編みなどを考えたグループもいました.どのように実施するかだけではなく,作業を提供する理由やその理論根拠,予後検討なども話し合いました.
「作業を行う」ことは一見簡単そうだけれど,対象者に合う作業を選び,分析し,適応することは実に奥深いです.今回の授業で学んだことを是非臨床実習で活用してほしいです.


((立位での調理訓練を想定したプログラム))


(グループで考えた作業療法プログラムを発表しました)