文字サイズ
学科専攻NEWS

新着情報

【理学療法学専攻】授業紹介/理学療法評価技術演習Ⅰ

理学療法学専攻
【理学療法評価技術演習Ⅰ】は1年次後期に開講されている必修2単位の専門科目です。
この授業は、理学療法士が行う各種検査・測定等を確実に実施できるようになることを目標にしています。
中間と期末に1回ずつ実技試験が課されることもあり、2コマ(100分×2)の長い授業でも集中して、感染対策を徹底しつつ実技練習に取り組んでいます。

毎回の授業は以下のように進めています。
1.予習復習テスト(国家試験形式問題10〜15問):10分
2.前回提出レポートのフィードバック:10分
3.各種検査技術の実習:180分
4.確認実技テスト(その日の実習内容から出題):実習中に適宜実施



 

2020年1月には第2回実技試験が予定されています。
試験内容は関節可動域検査です。
身体の各関節がどのくらいの角度動くのかをゴニオメータという器具で測る検査です。

 

素早く正確な検査・測定技術を身に付けるためには繰り返して練習することが必要です。
2022年2月に実施予定の臨床実習では、身に付けたスキルをしっかり発揮してくれることを期待しています。

科目担当:小林武,小野部純