文字サイズ
学科専攻NEWS

新着情報

【作業療法学専攻】臨床実習Ⅱ報告会

作業療法学専攻
3年生が10~12月に行われた臨床実習Ⅱから戻り、翌週より報告会を実施しました。
新型コロナウイルスの感染者が増加する中での実習となりましたが、病院や施設の先生方のご協力があり、無事に終了することができました。ご多忙の中、指導していただき本当にありがとうございました。

また、本来は実習地訪問を行い、学生や指導者の先生とじっくり話し合う予定でしたが、実習地訪問も中止となることもありました。その代わりにWeb会議システムや電話、メールなどで複数回連絡を取り合い、実習の進行状況の確認や相談、調整などを行うことができました。

報告会では、排泄や食事といった側面へのアプローチ、環境面へのアプローチ、退院支援、自動車運転の再開など多岐に亘っていました。作業療法士は、運動や精神機能などの「基本的動作能力」、食事や家事など日常で必要となる「応用的動作能力」、就学や就労などの「社会的適応能力」の維持や改善を目指します。今回の臨床実習を通して、その一部分を経験できたのではないかと思います。

3年生の次の実習は、来年4月から臨床実習Ⅲとなります。3年生の皆さんお疲れさまでした。