文字サイズ
学科専攻NEWS

新着情報

【理学療法学専攻】授業紹介/地域理学療法学Ⅱ

理学療法学専攻
地域理学療法学Ⅱは訪問や介護老人保健施設、通所リハビリテーション施設などで理学療法士がどのように関わっているか、実際に関わっていらっしゃる非常勤講師から学びます。

1月8日には宮城県介護研修センターにて福祉機器・用具の体験実習を行ってきました。
理学療法士は、環境支援のひとつとして福祉用具の選定を行うことがありますが、その種類は膨大かつ日進月歩で進化していくため、その方に合った機器を提案していくために、研鑽は欠かせません。

 


車いすの種類も多様にあり、乗り心地やスピードを体験していました。
リフトの体験もしました。対象者の方に適切なリフトを選定したり、リフトを使用できるかどうかの身体機能があるかを評価したりすることは、理学療法士の大事な仕事のひとつです。

 

評価実習を終えたばかりの3年生は、臨床で経験したことを思い出しながら実習に臨んでいたようでした。


文責:桂理江子