文字サイズ
学科専攻NEWS

新着情報

【作業療法学専攻】2018年度第四回オープンキャンパスを行ないました

作業療法学専攻
平成30年8月5日(日)、オープンキャンパスを行いました!

【サポートメンバー】

定期試験が終わったばかりの2年生~長期実習から帰ってきた4年生まで、総勢10名のサポートメンバーです!!
リーダーは、3年生の秋葉君。司会や全体統括を頑張ってくれました!



【模擬授業】

担当:香山明美 教授
自分にとって『意味のある作業』を一人ひとり、考えてみました。
作業療法では、障害によって奪われてしまった『意味のある作業』を再び行えるように支援します!



手足が動かなくなった時、皆さんはどのような作業(活動)をしたいですか??

ただ単に、手足が動くようになることだけを考えるのではなく、
「何ができるようになりたいか」を作業療法士は大切にします。


楽器を演奏したい、部活をしたい、友人と買い物に行きたいなど・・・
参加した方々からは「その人らしい作業」がたくさん挙げられました。

手足が動かなくなった時、望むことは一人ひとり違います。
その思いに、作業療法士は寄り添います!


【施設見学】


これは発達支援教室のブランコです!!
バランス、目の動きを引き出したりできます。
2年生の阿部さんが、子どもと活動した時のことを説明してくれました。


こちらは、通称ADL室にて、自助具を体験中。
指が動きにくくなっても使える爪切りやスプーンを触ってもらいました。
様々な道具に、保護者の方々も“ほしい!”と興味をもってくださいました。


【Welcome OT】
最後は、参加者の方からいただいた質問に答えるコーナーです!!
こちらは在学生が考えてくれた企画です。

ペンネームで用紙に質問を記載してもらいます。
「勉強は難しいの?」
「実習は大変?」
「この大学に入ってよかったことは?」などなど

先輩方の生の声を聞けて、参加者からも好評です。
(時間内にすべての質問に答えることができませんでした。支援学生の皆さんに記事を依頼しています。) 

次回は、9月2日(日)です!
(次回の模擬授業の予告はこちらです)
皆さまのお越しをお待ちしています。