文字サイズ
学科専攻NEWS

新着情報

【作業療法学専攻】welcome OT専攻(第4回オープンキャンパスより)

作業療法学専攻
8月5日(日)第4回目のオープンキャンパスを開催しました。

支援学生の企画として、午後からwelcome OT専攻を行ないました。
高校生からの質問に答えられなかった箇所について、記事を寄せていただきました。


オープンキャンパス第4回 
午後の部 welcome OT専攻

今回も午後の部でwelcome OT専攻を行いました!
生活のこと、実習のこと、大学を選んだ時のエピソードなど入試を控えた高校生の質問に在校生が答えていきました!


Q1.アルバイトしてますか?

4年生:4年になると、してない人がほとんどです…多いアルバイトは短期とか居酒屋が多いかな〜??

3年生:服屋、飲食店、派遣などでアルバイトしている人が多いです!

2年生:もちろんバイトをしていない人もいますが、飲食店やブライダルでバイトをしている人もいます。

point!大学生になったらアルバイトを考えている高校生へのアドバイス!!
基本土日にバイトを入れて無理をしない!テスト前や学校が忙しい時はバイトを入れない!
貯めたお金は友達とのご飯や、服、生活費など計画的に使おう!!


Q2.大学生活で1番楽しいと思ったこと

4年生︰一番楽しかったことは学友会活動と実習です!学友会活動で学生リーダーをしていました!
他学部の先輩、後輩と仲良くなれるので、学友会やサークルに入ることをおすすめします👍

実習は(人によりますが)様々な県に行くことができます!いろんな観光地に行って楽しかったですね〜!
もちろん、患者さんと関わるのも楽しかったです

2・3年生︰勉強大変だけど、友達と過ごす毎日が一番です!
春休みなど休みが長いので、旅行などに行ってリフレッシュしてますよ~!


Q3.何故、理学療法士ではなく作業療法士を選んだのか?

4年生︰正直に言うと、作業療法士については大学に入ってから(少しずつ)知りました・・・。
なので高校生の時点では特にこれと言っての決め手はなかったです

3年生︰怪我をして作業療法士にお世話になって、作業療法士という職業を知って興味をもったから!

2年生︰身体や心のリハビリを通して患者様の可能性を最大限に活かせること、入院されている患者様は今後の生活に不安などを感じて過ごされる場合があります。
一緒に今後の生活の希望を見つけ、日常生活の深い所まで関わることで患者様のそれからの人生のきっかけになることができることに魅力を感じたから!




point!在校生の思う作業療法の素晴らしいところ!
 理学療法士は歩く、座る、ベッドから起き上がるなどの基本的動作能力を治療するのに対し、作業療法士は食事をする、服を着る、家事を行う、仕事をするなどの応用的動作、社会的適応動作を患者様が実際の生活で困っているところを幅広く治療します!

 理学療法士のように物理療法(温熱療法、電気療法)は出来ませんが、作業療法士が治療手段として使うものには本人の得意とするものを用いて、本人の失われた生活を再構築できるのが作業療法の素晴らしいところです!

次回で午後の部のwelcome OT専攻も最後となります!
高校生皆様の質問に対し、在学生がしっかり答えていきたいと思います!
皆様のお越しを在学生一同お待ちしております