文字サイズ
学科専攻NEWS

新着情報

日本NP学会第4回学術集会のご案内

大学院
ご挨拶
日本NP学会第4回学術集会
大会長 渡邊 隆夫
(東北文化学園大学 看護学科、健康社会システム研究科健康福祉専攻 ナースプラクテイショナー養成分野 教授)



この度、11月23日、24日の2日間にわたり、日本NP学会第4回学術集会を東北文化学園大学国見キャンパスで開催することになりました。本大学院でのナースプラクテイショナー養成は東日本大震災の年に開始し、地域医師団等の絶大なご協力を得ながら、震災を経て益々窮迫する地域医療をチーム医療の要として支えていける人材の育成を目指してまいりました。その経験をもとに、急速な高齢化、医療労働問題の顕在化、診療看護師活躍の必要性に鑑み、「地域医療のパラダイム・シフト:診療看護師(NP)の更なる前進へ」をテーマに掲げました。
トピックとしましては、以下(抜粋)のように時代の要請に応えるプログラムを企画しました。

第4回NP学会学術集会

11月23日
●シンポジウム「地域医療のパラダイムシフト~医師と考えるNPのさらなる前進:特定行為の先にあるものは?~」
●日本看護協会「ナース・プラクティショナー(仮称)制度創設に向けた日本看護協会の取組み」

11月24日
●教育講演「呼吸器感染症診療のパラダイムシフト」、「活動の成果を研究へ~アウトカム研究のABC~」
●パネルディスカッション「災害医療をどう支えるか」

お誘い合わせの上奮ってご参加いただきますようご案内いたします。