文字サイズ
学科専攻NEWS

新着情報

東北NP研究会のご報告

大学院
東北NP研究会のご報告
渡邊 隆夫(東北文化学園大学 看護学科、健康社会システム研究科
健康祉専攻 ナースプラクテイショナー養成分野)

この度、令和元年8月24日、東北文化学園大学国見キャンパスにおいて第4回東北NP研究会が開催されました。
平成27年より地域医療の中での新しい診療看護師(NP、ナースプラクテイショナー)の活動について講演やパネルディスカッションなどを中心とした研究会を開催してまいりました。今回は急性期医療、特に心臓血管外科領域での活動をテーマとして開催し、また、併せて午前中にはハンズオンセミナーを中心としたワークショップを開催し、78名の参加を得て大変盛会となりました。

研究会では東北地方の心臓血管外科で活躍する診療看護師とその指導医の双方から活動報告が行なわれ診療現場での現況と診療看護師活動によるチーム診療向上についての活発な討論が行なわれ、斎木佳克東北大学教授および川本俊輔東北医科薬科大学教授による特別講演では診療看護師の歴史的な流れと現況および展望について熱く語っていただきました。 
また午前中のワークショップでは東北大学病院腫瘍内科高橋信先生、坂総合病院高橋洋先生、中嶋病院石川奈津江先生などによる専門的なご指導によりPICC挿入、グラム染色、新しい褥瘡モデルを用いての褥瘡管理の実際などについて理論・手技ともに深く学ぶことができました。
当日の盛況やアンケートを見ても参加者の満足度は大変高く、明日の診療に直結する有意義な研究会とすることができたように思われます。ご支援いただいた皆様方には深く感謝申し上げる次第です。 
詳細につきましては開催報告書をお読みいただきたくご案内申し上げます。

第4回東北NP研究会学術集会総会 開催報告書 ダイジェスト版(PDF 5.13MB)