文字サイズ
学科専攻NEWS

新着情報

【作業療法学専攻】授業紹介(生理学実習)

作業療法学専攻
2年生後期に開講される授業「生理学実習」を紹介します。

この授業は1年次の生理学Ⅰ・Ⅱで学んだことを実習を通して現象を観察し、生理学の知識を更に深めることを目的としています。

今回は、心電図測定の授業(実習)の様子です。心電図測定では、本学の科学技術学部臨床工学科の協力を得て実施しました。

はじめに心電図を測定するにあたって、その方法や注意事項について説明がありました。

実際に手首や足首にクリップ電極を取り付けます。

自分の心電図波形から心拍数や波形の意味について確認をしました。

座学で学んだことを実際の目で確認することで、体の仕組みがより深く理解できますね。

また、この授業では、

姿勢の変化に伴う血圧の変化といった自律機能
皮膚や関節からの感覚情報を理解する仕組み
脊髄反射や脳波を用いて中枢神経系の運動が生じる仕組み

について実習を通して視覚的に確認をします。