文字サイズ
学科専攻NEWS

新着情報

【作業療法学専攻】授業紹介(作業分析学演習)

作業療法学専攻
9月12日から20日にかけて3年生対象の作業分析学演習が開講されました。

この科目は作業療法学専攻3年後期の必修科目で、長期の臨床実習が開始する前に集中方式で開講されます。

学生は模擬症例を立てて

「どんなプログラムが適切か」
「対象者にプログラムを実施する際にどんな準備作業が必要か」
「作業実施中にどこに何を注意しなければならないか」など

自らプログラムを実施しながら検討していきます。

今まで学習した評価学、治療学などの知識と、3年前期履修した作業分析学、作業療法実践論演習で培った作業分析のスキルをフルに活用し、グループで他者と協力しながら授業を臨んでいました。

最後に成果発表で、自分の考えを発表し他者と活発にディスカッションしました。
今回の経験をぜひ今後の臨床実習や将来の仕事現場で活かしてほしいです。
 
 (グループで症例検討)        (作業検討)

 
 (作業を試作する場面)    (症例疑似体験を通しての作業検討)

 
  (発表資料作成)          (成果発表1)

 
  (成果発表2)            (教員講評)