文字サイズ
学科専攻NEWS

新着情報

【作業療法学専攻】授業紹介(臨床実習Ⅲセミナー)

作業療法学専攻
 最後の臨床実習Ⅲが、7月19日で終了しました。臨床実習Ⅲとは、10週間大学を離れて、病院や施設の作業療法士さんの指導の下で実際の患者さんの検査測定や治療的関わりの一部を経験させて頂く、実践的な学びの機会です。この非常に貴重な経験を卒業後に活かしていくために、大学では実習の内容を更に深める学習を行います。第1段階は学生同士の学び合いです。実習先によって経験する内容が異なりますので、お互いの経験を共有し、知識を広げます。また、レポートを添削しあうことで、自分の考えをわかりやすく伝える技術を高めます。
  

  
 
 第2段階は、教員も加わった報告会です。本格的な学会にならって、パワーポイントを使ってプレゼンテーションをし、質疑応答を行います。目指す作業療法士のイメージが明確になってきているので、課題への取り組みは真剣そのものです。患者さんを笑顔にしたい!患者さんやご家族に寄り添った関わりがしたい!もっと知識や技術を高めたい!学生の熱い気持ちが伝わってくる学びの時間でした。